農産物

南島原産翡翠銀杏と当社の天然だしを使った「銀杏ご飯の素(仮称)」の開発と販路開拓事業

株式会社ヤマジョウ

長崎県雲仙市

【連携体】

  • 農業生産法人 株式会社セミナリヨの丘銀杏畑

事業内容

当社は、水産物加工及び販売を営む事業者である。近年「煮干し」の売上は減少しており、それをカバーするために加工品を製造し、販路拡大に注力している状況である。連携体であるセミナリヨの丘銀杏畑は、貴重な国内産の銀杏を「翡翠銀杏」という名称で出荷しているものの、収穫の過程で出る青果として出荷できない規格外品を、加工用原料として有効利用したいという課題を持っている。
当社と銀杏生産者の課題解決を目的とし、「長崎の魚介だし」と「南島原の貴重な翡翠銀杏」を掛け合わせた「銀杏ご飯の素」の開発を行う。
開発後は、既存取引先や長崎空港売店、首都圏の百貨店やスーパーに紹介し幅広く販路開拓を行う。
当社は現在B to C事業を開始すべく、ECサイトの立ち上げ準備を行っている。卸販売だけでなく利益率の良い直接小売販売をインターネット上で行うことで、売上増加だけでなく収益UPも目指す。

事業実施体制

新商品又は新役務の内容とその市場性・競争力

現在市場には多くのレトルト食品が販売されており、炊き込みご飯の素やまぜご飯の素も多数あるが、「銀杏ご飯の素」は調味液と一体となった埼玉県の1例のみである。銀杏の加工食品を見ても中国産がほとんどで「国内産の銀杏」はほとんど流通していないのが現状である。
銀杏の風味やその見た目の美しさを残し、また銀杏の風味と天然だしの風味が両方残るように別々でパッケージし食べる直前に混ぜることで出来立ての美味しさを追求する。

食品加工技術の進歩により、手軽で簡単に本格的な味を家で楽しむという消費者の嗜好は、安さよりも内容とそのエビデンスに変化しつつあると思われる。
今回開発する商品は
・貴重な国内産の銀杏を使った加工品であること。
・長崎産の煮干しでたれを開発することにより日本の食文化の基本である「出汁(だし)」
の風味を活かした料亭で味わうようなご飯の味を出すこと。
・ターゲットを共働きの世帯や、健康志向、本物嗜好、産地や品質へのこだわりがあるなど、商品へ付加価値を求める方とする。

「銀杏ご飯の素」の実現により、これまでスーパー向けの海産物が主流だった当社の商品ラインナップに「ご当地のお土産」や「お取り寄せ」的な特産品の要素を含む商品が追加されることになる。「飲むあごだし」と共に島原半島産の名産品シリーズの1つとして販売がしやすく、得意先だけでなく新たなマーケットへの参入も可能となる。常温で日持ちがする食品であることも販売拡大を狙いやすい特徴がある。
以上の理由から日本だけでなく、海外での販売にも挑戦し、日本に向けては「島原半島の良さ」「長崎の良さ」を伝え、海外に向けては「長崎の良さ」「日本の良さ」を伝えていく事で今後大きな成長が期待できる。

原材料である「翡翠銀杏」の規格外品は年間1.5tの収穫量があり、今後はさらに増える見込みであることから銀杏の確保は問題ない。また、当社の主力商品は煮干しであり、たれの原料である「煮干し」の仕入れも問題ない。
また、当社は長年食品製造を行ってきており、各種の加工設備が整っている。
レトルト加工に関しては、機器を保有する同業者等から、商品化までの試作・研究に関して機器を借用予定である。
パッケージに関しては、既存商品で取引実績のある複数のデザイン会社、パッケージ会社に協力を求め、顧客の反応を見ながら最適なパッケージを決定する予定である。

地域活性化への波及効果

煮干し及び銀杏を使った加工品という本補助事業の実現による地域への波及効果等は次の3点である。
①煮干しの消費拡大による、原材料提供元である漁業者の所得拡大の効果。
②翡翠銀杏規格外品の消費拡大による、銀杏作付面積の拡大=耕作放棄地の減少効果。
③当地および島原半島の特徴を活かした商品を販売することにより当地の認知度向上につながり当地の宿泊関連事業者、小売事業者への売上増加の効果。

代表企業等の連絡先

株式会社ヤマジョウ
所在地:雲仙市小浜町富津5014番地
電 話:0957-75-0120
FAX:0957-75-0155
HP:http://www.yamajyo.com/

採択日:令和元年7月1日